ゆり姉が行く

販売コンサル&起業支援コーディネーターとして長崎・全国で活動しているゆり姉のどこかで何かと誰かと出会う日記です。

長崎県よろず支援拠点COとしてインタビューを受けました。

インタビュー記事

 

女性起業家支援の草分け

産業カウンセラー/一級販売士 山口由里子




「起業したいけれど、何から手を付ければいいのか分からない」。

そんな悩みを抱えがちな起業家の、進むべき道を照らしてきた。

 

「巣立っていった起業家が、大きく羽ばたいていく姿を見ることが喜び」と笑顔をみせる。

 

30代のとき、長崎県インキュベーター施設でアルバイトから始めた起業家支援の道。「女性の起業支援」という概念すら乏しかった2000年代半ば、たまたま開いた女性向け起業セミナーが盛況。ニーズがあるとみて、この分野に踏み込んだ。施設のマネージャー職を経て独立。「よろず」では多角的な起業支援を中心に力を尽くす。

 

一段高いところから話をする「先生タイプ」ではない。大切にしているのは相談者と同じ目線に立ち、生の声に耳を傾けること。友人同士のような信頼関係を築き上げ、相手の心を開く。親しみを込め、「ゆり姉」との愛称で呼ぶ相談者も多い。

 

「人生を自由に」が座右の銘。一度きりの人生を思うまま泳ぎたいと、自らも起業した経歴を持つ。「学びと行動」を愛し、2019年には一念発起、大学へ進学。「女子大生」となった。支援の幅を広げようと、近年は販売士の資格も生かし、店舗の商品陳列やPOPなど販売サポートスキルも深めている。

 

山口が力を込める。「人生は選択の連続。相談に来られる方の『明日を変える選択』を応援したい」。(2020年掲載)

 

*******************************

 

2020年に長崎県よろず支援拠点のCOとして書いてもらった紹介文です。インタビューしてもらいながら自分自身と深く対話できた良い機会でした。自分自身の「明日を変えたい」という思い。どうしてそんな風に思ったのかも、少しずつ書いていきたいと思っています。