ゆり姉が行く

起業支援コーディネーター&婚活マーケッターとして長崎・全国で活動しているゆり姉のブログです。

相手を思い出すときが、相手を思うとき

まるで、郷ひろみさんの歌のようなタイトルになってしまいました。

 

こんにちは。販売士&40代からの婚活マーケッターのゆり姉です。

 

 

少し前に彼氏ができた女の子とお喋りしていると、彼女がこんな話をしてくれました。

 

「この間ね、彼にずるいって言ったの。私はバスの車両を見るたびに、

 あ、もしかしたら運転しているかもって、見るようになって。

 私のほうがあなたのことを考えている時間が、絶対多いよね。ずるいよねって」

(ちなみに、彼はバスの運転手さんです)

 

そうすると、彼はこんな風に答えてくれたそう。

「自分の方が、◯◯ちゃんの家の近くをバスで通ったら、やっぱり思い出すし

 ◯◯パパが乗っている車と同じ車種をみると、あ、パパかな?って思って

 つい見ちゃうよ」

 

なんか、そんな風に言ってくれると思ってなかったので

すごく嬉しかったって。

自分の方が絶対好きの分量が多いって思い込んでたって。

 

乙女の顔でした^^

 

自分の方が好きの分量が多いって思ってても、

ただの思い込みだったりしますね。

 

恋に不安になっているあなたも、素直に聞いてみてもいいのかもしれませんね。